電子タバコと加熱式タバコの違いを知ろう!電子タバコのメリットを知って楽しく喫煙!!

電子タバコと加熱式タバコの違いについて

リンク集

ジムに行くときメイクはしないほうが良いですか?

更新日:

お肌に悪い?メイクをしてジムに行かないほうがよいわけ

今流行りの腹筋女子になりたいと思い、ジム通いを決心する方も少なくないかと思います。そんなとき、メイクはどうしたら良いのかと疑問に思うこともあるでしょう。

ジムで腹筋運動をする女性

トレーニング時のメイク

ジムでトレーニングをする際、メイクはしないほうが良いといわれています。

参酌⇒パーソナルジムならライザップ?トレーニング内容やコースを徹底解説 https://nicereply1997.com/raizappu/

メイクをして汗をかくと肌に良くない

メイクをして運動すると、汗によって流れたメイクが毛穴につまり、ニキビやアレルギーなどを引き起こしてしまう危険があります。

ニキビが悪化してシミや色素沈着の原因となってしまう場合もありますから、メイクをしたままのトレーニングを長期間続けるリスクは高いといえるでしょう。そのためメイクをせずにジムに向かうのがおすすめです。

職場からジムへ直行する場合などフルメイクをしている場合には、昨今のジムにはパウダールームが常設されていることが多いため、そこでメイクを落とすことが可能です。

勿論メイクをすることもできるので、ジムで汗を流した後にメイクをしてお出かけ、といったことも可能です。メイクが崩れてしまうということは見た目にも美しくないため、自宅から直接ジムへ向かう際にはすっぴんで、仕事終わりに行くのであればメイクを落としてトレーニングに励むのが良いでしょう。

どうしてもメイクをしたいときは

すっぴんの方が肌に良いことはわかったけれど、それでも周囲の目が気になるし最低限のメイクだけはしたい、このように思うこともあるかもしれません。

もしどうしてもメイクをしたいのであれば、ナチュラルメイクを心がけてみましょう。ファンデーションは使わないようにして、肌が気になるようであればミネラルファンデーションやBBクリームなどにすると肌への負担が少なくなります。

アイメイクはウォータープルーフのものを使うとパンダ目の心配がなくなるでしょう。

自分でメイクの基準を作ろう

どんなにすっぴんの方がよいと言われても、それでは周囲が気になって肝心のトレーニングに身が入らなくなってしまうという場合もあります。

自分が普通でいられる最低限のメイクの基準を設け、楽しくジム通いができるようになりたいものですね。

-リンク集

Copyright© 電子タバコと加熱式タバコの違いについて , 2019 All Rights Reserved.